ニコレットはニコチンを含んでいる禁煙補助剤なので禁煙を考えている方にとっては身近に使用できる薬剤となっています。ニコチンが欲しいと思いタバコを吸ってしまいそうな時に使用することで、その気持ちを和らげることができます。

ニコレットとたばこの吸い殻

煙草に記載の健康への害の警告とニコレットの効果

煙草のパッケージには健康被害を受けることが記載されています。
この記載内容は煙草の銘柄により若干の違いが在ると言いますが、脳梗塞や肺がんと言った言葉が記載されているのが特徴です。

しかし、喫煙をする人はこのような記載が在っても煙草を止める事が出来ない人もいます。
煙草を止めることが出来ない理由と言うのは煙草に含まれているニコチン成分が在るからなのです。
ニコチンやタールと言った成分は健康被害の原因となるものなのですが、ニコチン依存と言う言葉を聞いた事が在る人は多いかと思われますが、ニコチンは一つの麻薬のようなもので、体内からニコチンが減少することで欲求を高める事になります。

ニコチンが体内に取り込まれると、物質はニコチン受容体と結びついてドーパミンを分泌させるのが特徴で、ドーパミンが分泌されることで満足感やリラックス効果、そして煙草を美味しくさせる作用が起きます。
そのため、中々煙草を止めることが出来ないと言う事になるわけです。

煙草の値段も消費税が増税された際に値上げが行われており、ニコレットを利用して禁煙を実施する人も増えています。
煙草の値上げは消費税の増税に伴い、徐々に値上げが行われており、次の消費税増税では10%になることからも、現在よりも煙草の値上げが行われる事になります。

ニコレットにはニコチンの成分が含まれており、噛むことで体内にニコチンを取り入れ、煙草の欲求を減らす効果を期待できます。
尚、ニコレットを利用する時は噛み方に注意が必要で、最初にゆっくり噛んでから頬と歯茎の間に置いて味が無くなるまで1分ほどそのままにすると言った動作を繰り返し、30分から60分ほどかけて噛むことで煙草を吸いたいと言う欲求を減らす効果を持つと言います。