ニコレットはニコチンを含んでいる禁煙補助剤なので禁煙を考えている方にとっては身近に使用できる薬剤となっています。ニコチンが欲しいと思いタバコを吸ってしまいそうな時に使用することで、その気持ちを和らげることができます。

ニコレットとたばこの吸い殻
目次

ニコレットの禁煙効果とは?

ニコレットは、禁煙中にニコチン不足に陥ることで、喫煙が我慢できなくなった際に使用する製品です。喫煙を我慢する際に起きるイライラ感・集中困難・落ち着かないなどの症状を緩和するための補助剤となります。ニコレットガム吸いたいという欲求を抑えることを抑えてくれるガムとなっています。ニコレットには使用方法があり、喫煙していた時の本数に応じて異なる適切な量があります。事前にニコレットを使用する前に、用法と用量と理解した上で使用しなければ、高額な費用のみを支払い、効果が得られないという事態に陥ってしまいます。

最も重要な点が、完全に喫煙し、ニコレットを使用するという事です。煙草がやめられないうちから、ニコレットを利用するというのは、好ましくありませんので、必ず禁煙成功のためのスケジュールを経ててから使用するようにしましょう。ニコレットの使い方は口に含んだ後に、およそ15回噛みます。製品の内部に収められているニコチンが露出すると、若干刺激を感じます。刺激を感じたら、噛むのをやめ、歯茎と頬の間にニコレットを挟みます。こうした行為を繰り返しつつ、30分から60分かけながらゆっくりと噛むのがポイントです。

ニコレットは、1日のうちに使用できるのは、24個までです。24個を限度とし、少しずつ減らしていくことが、重要です。1日31本以上煙草を吸っていた方であれば、1日に9個から12個が適量とされていますし、21本から30本であったのなら、6個から9個が好ましいとされています。そして、20本以下の方であれば、4個から6個が良いでしょう。初期段階は、このような個数からスタートし、慣れてきたら1週間ペースで、1個から2個ずつ減らしていきます。

ニコレットは、煙草と同様にニコチンを体内に摂り入れる事に変わりないものの、煙草に含まれているタールや一酸化炭素といった有害物質が含まれていないので、離れられるようになります。ただし、きちんとした禁煙スケジュールを考えてニコレットを使用しましょう。

ニコチン依存症ならばニコレットを代用品として使う

飲み物よりも煙草を吸ってしまった男性喫煙習慣がある人がなぜ禁煙をすることが難しいのかというと、多くの喫煙習慣がある人は、ニコチン依存症になっているからであると考えられます。一度ニコチン依存になってしまうと、ニコチンが体内から抜けると、再びニコチン欲求が高まります。

喫煙により、ニコチンが体内に補充されると、一時的に脳内から快感物質が出ます。そして、この体験がニコチン依存をさらに強化していくことになります。もし、喫煙習慣を断つと、禁断症状が出る場合があり、イライラしたり、様々な身体症状が出ることがあります。この禁断症状に耐えられずに、再び喫煙をしてしまうということになり、禁煙からは遠ざかってしまう結果となってしまいます。

では、どうすれば、このようなニコチン依存から解放させることができるのかというと、少しずつ摂取するニコチンの量を減らしていくという方法が確実な方法です。特にニコレットによる、ニコチン置換療法であれば、重い禁断症状に悩まされることなく、ある程度楽に禁煙をすることができます。このニコレットは、ガムとして利用することが多いですが、ニコレットを噛むことによって、ニコチンを少し摂取することができますから、喫煙をしたいという欲求を防ぐことができます。

ニコチンはある程度摂取することになりますから、重い禁断症状も出にくいといえます。そして、1か月ほど、喫煙をする代わりにニコレットガムを噛むことによって、喫煙欲求がなくなっていきます。最終的にニコレットガムの使用もやめてしまえば、完全にニコチン依存から解放され、当然喫煙欲求もなくなります。この状態が維持できていれば、禁煙成功となりますが、途中で何らかのきっかけで喫煙してしまうと、また元の状態に戻ってしまうので注意が必要になってきます。

ニコレットのパッチとガムの併用は可能なのか?

ニコレットは禁煙補助剤として販売されている医薬品で、ニコチンを含有したガムまたはパッチを使用することで禁煙ができるとされる商品です。ニコチンを煙草以外から少量を補給することで、煙草を吸いたいという欲求を抑え、徐々に補給量を減らすことで禁煙に導くとされるニコチン置換療法となります。病院でも禁煙外来で処方されますが、医薬部外品となっているので市販されており、ドラッグストアにも置いてあるので、誰にでも気軽に購入することができます。

ニコレットには噛んでニコチンを補給するガムと、体に張ることで皮膚から吸収するパッチの2種類が用意されており、基本的にはどちらか一方を使用して禁煙を開始します。ニコレットのガムには2mgのニコチンが含有されており、30~60分かけて少しずつニコチンを補給するようになっています。

パッチにおいては8~25mgのニコチンを皮膚から徐々に吸収し、16時間以上かけて吸収します。どちらも補給されるニコチンは微量となっているので、1日に1箱以上の煙草を吸うような人にとっては、ニコチン不足で禁断症状が出ることもあります。よく勧められている方法として、ニコレットガムとパッチの併用があり、二重のニコチン補給によって禁煙がしやすいという話も多いようです。しかし、メーカーではニコチンの過剰摂取となるので、併用することは勧められていません。確かに煙草によって大量にニコチンを摂取していたならば、ガムやパッチ単体では足りずに落ち着かなくなってしまいますが、大量にニコチンを摂取するのであれば、ニコチン依存症はいつまでも変わらずに、煙草がガムとパッチに置き換わっただけになってしまいます。

病院でも原則的に片方しか処方されないので、もし本格的に禁煙したいと思うのであれば、ガムかパッチの一方だけにして我慢するようにしましょう。我慢する方法としては、煙草を吸いたくなったら15秒数を数えてみましょう。これは芸能人のタモリが行っていたことで、数を数えることに煙草を吸いたいということを抑えることができるようですが、15秒間で足りない方は30秒間、数を数えて煙草を吸いたい気持ちを抑えてみましょう。

関連記事はこちら